キャップボルトや足場のレンタル|業務を効率化する秘密道具

工法の違い

作業員

建築業を営んでいる企業は頑丈でオシャレな住宅を建てるだけでなく、立派な配管工事を行う必要があります。配管は生活汚水が流れる場所で、配管に不具合があると住人が迷惑し最悪の場合には出て行ってしまうことがあります。そうなると、オーナーからの反感を買ってしまい損害賠償を請求されることもあるので注意しましょう。そのため、住宅を建てる時には配管のライニングをキチンと行うようにしましょう。ライニングは配管の品質を大きく改善できる工事で配管トラブルを無くすことが出来ます。嫌な臭いが無くなり漏水も無くなるのでライニングをすることで住民は安心して住宅に住み続ける事が出来ます。

住宅の老朽化の時には配管のライニングを行う必要がありますが、色々な工法があるので業者と相談しながら工事を進めていきましょう。それぞれ使用用途が異なるだけでなく効果にも違いがあります。例えば、ASL工法の場合にはクリーニングを行った後、温水養生し即日通水する方法となっています。NPL工法は空気流でクリーニングをした後、2回ライニングを行い綺麗な配管にしてくれます。また、ライニングを利用する方は工法だけでなく保証期間もしっかり確認しましょう。五年保証や十年保証など違いがあり、後から後悔する場合も出てきます。そのため、業者に依頼する時にはこのような点にも気をつけて施工の相談を行いましょう。このように、配管のライニングと言っても色々な違いが出てきます。